めざせ声優! 専門学校に行けば夢が広がる!

声優を養成する専門学校がある

声優は、アニメや映画の吹き替えなどを担当する仕事です。声のみの演技は役者の仕事のひとつですが、役者ではなく声優の仕事を専門的に行いたいと考える人は少なくありません。声優をふくめて役者になるためには原則として試験や資格は必要ありません。その仕事に就くにはいろいろなルートがありますが、近年では声優志望者を養成する専門学校が複数設立されています。専門学校を卒業すれば必ず声優として仕事ができるとは限りませんが、基礎的な演技力を身につけてキャリアの第1歩をふみだすことは可能です。講師は現役の役者(声優)や劇団の関係者が多く、声の出し方や体力作りなど声優の仕事に必要なことを総合的に教えてくれます。

専門学校選びでチェックしたいポイント

声優の仕事は若手であれベテランであれ、オーディションで決まる例が多くあります。専門学校を卒業すればプロとしてデビューできるとは限りません。卒業後は芸能事務所や劇団などに所属することが大切なので、入学前に就職活動のサポートや卒業生のおもな進路をチェックしましょう。学校によっては、特定の芸能事務所や劇団とのつながりがあり、特別講師を招いたり舞台公演に参加させてもらえたりする例があります。このようなつながりがあれば、事務所に所属するハードルが少し低くなる可能性があるといえるでしょう。入学先を決めるにあたり、カリキュラムや学費は大切なポイントですが、キャリアを順調にスタートさせるために学校のサポート体制がかなり重要です。

声優の専門学校を選ぶ場合には、カリキュラムについて確認することが大事です。発声練習などの基礎的なレッスンはもちろん、音響設備を使ったカリキュラムがあるかどうかチェックしましょう。