イデコに加入すると老後の生活資金の準備に備えられる?

イデコとはどういう意味か

イデコは個人型確定拠出年金のことで、私的に年金を用意できる制度です。サービスを提供している金融機関を選んで、自分で掛け金を納めて準備します。納付したお金と機関側で運用して得られた利益と一緒に、満60歳の誕生日以降に年金として定期的に受取が可能になります。各金融機関ごとや商品ごとに、定期預金や保険商品、投資信託というように運用方法に違いがあるので、リスクや利益率を考えて選ぶ必要があるでしょう。年齢60歳未満のうちは、途中の受取ができませんので、よく検討してから加入するようにしましょう。

加入が可能な人の基準は

イデコに加入できるのは、日本国内に居住している20歳以上60歳未満の自営業者やフリーランス等だけでなく、厚生年金に加入している会社員や公務員とその配偶者になりました。例外的に、加入が認められない場合もあります。国民年金に加入している自営業者等の中で、年金の納付の免除及び一部免除の認定をされている方や農業年金の被保険者は申し込めません。また、会社員の場合は、加入している企業型確定拠出年金の規約の内容が問題となります。規約で個人型の年金の同時加入を認めていないのであれば、イデコを申し込むのは難しいでしょう。

節税にも繋がるのは本当か

イデコに加入すると、様々な所得控除を受けられます。まず、毎月の掛け金が全額所得控除されます。金融商品で利益が出たときには税金がかかるため、分離課税で申告をしなくてはいけませんが、イデコの運用益は非課税扱いになり、年金が受け取れるまでそのまま再投資の資金として利用可能です。60歳になり受給が可能になった時でも、まとめて受取なら退職所得控除、月々年金給付を受けるなら公的年金等控除が適用され、節税できます。

積み立てたお金を運用し、将来受け取れる年金を増やす公的制度がイデコです。税金面でとてもお得になるという特徴もあります。