バイクに乗るなら必須!バイク保険の内容とは

ロードサービスから事故まで対応できる

バイク保険は主にバイクに乗る人を対象としている保険で、事故やトラブルが発生した時に役立ちます。保険会社では専門のチームが結成されているので、この方達が急なバイク事故に対応してくれる優れたサービスです。利用時には無料のロードサービスがついているのですが、これは24時間365日電話一本で現地まで駆けつけてくれます。それぞれの保険会社によってロードサービスの拠点は違いますが基本は全国対応です。ガス欠やバッテリー上がり、故障時に動かない時はレッカーサービスも対応できます。実際に事故が発生した時は必要に応じて訪問対面サービスを行い、同時に事故にあった方への対応も可能です。相手方への自賠責保険金の請求援助では希望に応じて訪問対面サービスをしてくれます。

自賠責保険よりも優れている

バイクに関する保険は2種類のものが用意されています。1つは自賠責保険で、もう1つはバイク任意保険です。前者は強制保険とも呼ばれているもので、公道を走っているバイクや車は法律上加入が義務付けられています。後者は任意なので加入するかどうかは個人の自由です。自賠責保険は加入していないとペナルティが課せられますが、バイク任意保険にそのようなものはありません。一見すると内容が同じように見えますが補償できる範囲が違うので知っておきましょう。基本的に自賠責保険は対人賠償しか対応していないです。しかしバイク任意保険は対物賠償や搭乗者傷害、自損事故や人身傷害にも対応するので幅広くカバーしてくれます。バイクを運転するならバイク任意保険に入っておくとリスクが少ないです。

バイク保険比較ならインターネットがおすすめです。一度に何社もの保険会社が比較でき、自宅で好きな時間に行えるので、大変便利です。