税務の事なら何でも頼める!税理士の仕事は!?

書類の作成から相談まで幅広く対応する!

一般の人がイメージする税理士の仕事には、確定申告書の作成や無料税務相談などがあります。しかし、実際の税理士の仕事はさらに幅広く、申告書や申請書といった税務書類の作成や提出、納税や節税に関する相談、あるいは税務調査の対応、不服申し立ての代行などが挙げられます。これらの仕事は税理士法に定められた独占業務であるため、税理士の資格を持たない人が行った場合は、それが無償であったとしても税理士法違反として罰せられます。また、こうした独占業務に付随する仕事として、財務諸表や帳簿の作成といった財務関係の事務も行います。なお、税理士の仕事には専門的な知識やスキルが不可欠であるため、国が資格試験を主催し、必要な人材の確保と育成を行っています。

独占業務の具体的な内容!

税理士の独占業務には、税務書類の作成、税務代理、税務相談の3つがあります。税務書類の作成とは確定申告書などを作成する事を言いますが、自己の判断に基づいて書類の作成に必要な資料を精査し、それに関わる税法を適用して作成する事が求められます。税務代理は税務書類の提出のほか、依頼者に代わって税務調査の対応や不服申し立てといった税務を行うため、税法に精通していなければ務まりません。税務相談とは個別の税務についての相談を受ける事であり、依頼者にとって適切なアドバイスとサポートを行います。ただし、一般的な税務の手続きや税金の計算方法などを指導する事は、個別の税務には含まれませんので、税理士ではなくても行う事ができます。

税理なら岡山で税金についてのアドバイスや税金関係の書類作成を引き受けている税理士が相談に乗ってくれます。