意外と知られていない、高校転校に必要な手続きについて

まず公立高校の場合は?

転校という言葉を知らない方はいなくとも、転校の手続きについて知らない方は意外といるかもしれません。しかし、仕事の都合で、お子さんの転校が必要になる可能性もゼロではありません。そんな時の為に、 今からその手続きについて説明いたします。

まず、現在通学中の高校側へ、転校の連絡をします。こちらは、お子さんを通して伝えてもらっても大丈夫です。

次に、単位取得証明、在籍証明書、転学照会書といった、転校先で必要になる書類を取得します。ここまではスムーズに進める事ができると思います。

そして、入学を希望している高校へ、転校ができるかどうかの確認をします。学校に欠員が出なければ受け入れてくれない学校もありますので、注意が必要です。

もし転校が可能だった場合、編入試験を受ける事になります。転校先を選ぶ時は、お子さんの学力との兼ね合いも、重要なポイントになってきます。

合格したら、前述の書類を転校先の学校へ提出して、手続き完了になります。

私立の場合はどこが違うのだろうか

私立の場合でも、大まかな流れは変わりません。しかし、転校先の確認を、都道府県私学協会にする必要があります。

転校の際に一番大事なこと

ここで、転校の際に一番大事なことについて記載しておきます。それは、お子さんの心のケアです。環境の変化というものは、意外と大きなストレスになります。それが、精神的にもまだ未熟な子供なら、なおさらの事です。転校前、転校後のお子さんの様子に気を配り、健やかな学校生活が送れるようにしてあげてください。

両親の離婚、親の再婚で住所が変わる場合に、高校を転校することがあります。その他にも、本人が学校環境に馴染めなかったり、学力不足により転校をする場合もあります。