通信制の高校を利用して卒業?単位制の高校で卒業?

通うタイプの通信制の高校を利用する

高校を卒業するには、何らかの高校に入学する必要があります。全日制や定時制だと入学試験があり、それらに合格しないといけません。ただ、定時制だと入学希望者がかなり少なくなります。そのため入学がしやすいと言われています。通信制だともっと入学がしやすく、入学試験そのものを課していない学校もあります。通信制のイメージとして、自宅で自分一人で勉強しないといけない様子が思い浮かぶかもしれません。もちろんその方法もありますが、今は通学するタイプの通信制高校があります。制服などもあるので、一般の全日制高校と同じように学べます。と言っても全日制ほど厳しい出席要件などはありません。最低条件を満たせばよいので、楽に卒業できるでしょう。

全日制の単位制高校を選択して卒業

全日制の高校は、多くは学年制を採用しています。一般的な学校と言ってよいでしょう。それ以外に単位制高校があります。学年の枠がなく、生徒は自分で自由に科目を選べます。卒業のための必須科目と数合わせの科目があるので、両方を満たすように取得していけば卒業が可能になります。学年制だと、1科目でも落とすと落第がありますが単位制は落第はありません。そもそもが学年の概念がありません。一応1年目や2年目の区別がされるときはありますが、あくまでも目安になります。単位制のいいところは、科目選択の自由度が高いところでしょう。学校側が決めたルールに従うのではなく、自分の好きな科目が取れます。大学に進学するときにも有利になるかもしれません。

高校卒業資格を得るためには、全日制や定時制、通信制の高校に通う以外に、高等学校卒業程度認定試験に合格する方法があります。合格すると、高校を卒業した場合と同様に、大学入試の受験資格が得られます。